• 母の日とカーネーション

    母の日といえばカーネーションをプレゼントすることは、もはや日本では定番となっています。それゆえに毎年五月の第二日曜日には赤いカーネーションを見かけることも多い傾向にありますが、これはもともとアメリカでの母の日が由来となっています。

    母の日を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

    それはアメリカで五月の第二日曜日に、とある女性が亡き母に白いカーネーションを贈ったエピソードが元となっており、それが日本にも伝来し、現在の母の日の日付やカーネーションを贈るといったことが行われるようになりました。
    けれども日本では、母の日に贈るカーネーションといえば赤いカラーが一般的です。

    このカラーに関しては、クリスチャンの中では白と赤では意味が異なり、白は十字架に架けられる前のキリストおよびマリアを象徴し、赤は十字架に架けられた後のキリストの血を意味しています。


    よってアメリカの起源ではクリスチャンの母娘であったため、白と赤の違いを知っていたために亡き母に白いカラーのものを贈ったとされています。

    その影響で赤いカラーは母が健在の場合に贈り、白いカラーは母が他界した場合に贈るようになりました。
    もっとも日本では贈る側の気持ちを考慮し、母の状態に関係なく赤いカラーが好まれる傾向にあります。



    さらに最近では赤以外にも、ピンクやオレンジ、紫といったカラフルなカラーのものや、カーネーション以外の花も母の日のプレゼントとして選ばれることも増えてきています。



    ちなみに同じカラフルなカラーでも、黄色のカーネーションは花言葉が嫉妬や軽蔑といったネガティブなものであるため、プレゼントとしては白とともに避けた方が無難なカラーです。