入学祝い・進学祝いに贈るとすれば、現金かお祝いの品ということになります。そのそれぞれで、どのくらいのものをどのように贈るかについて説明します。現金の場合、その方との付き合いの度合いや親戚ならば血縁の濃さなども関係してきますが、1万円から5万円といったところが妥当な金額と考えます。今時は万札でなければ失礼にあたるでしょうし、冠婚葬祭に持っていく金額としては、どの場合も万は超えるのが常識的です。

十万円となれば、お金持ちか親という特殊な人物の場合でしょうから、片手ぐらいが程よいでしょう。入学祝い・進学祝いを現金ではなく物品の形で贈るには、二通りの考え方があります。まず、入学や進学をする当人が希望しているものを買う場合です。例えば、小学校入学をひかえたお子さんには、ランドセルや学習机を贈るといったことです。

他にも、高学年となればパソコンなどを贈る場合もありえます。おおかたは学業に関連した物を贈るということです。もう一方は、お家や保護者に預けるような形で、入学・進学に必要な好きなものを買うことができる状態にすることです。それには、現金に順ずるものとして商品券やギフトカードもありえます。

そうでなければ、カタログギフトを贈るというパターンが多いのではないかと考えられます。カタログであれば期限がほぼなく、掲載ページを物色しながら何でも買うことができるからです。入学祝い・進学祝いですから、見当違いの不用品ではなく相手の喜ぶ顔が見えるものにしたいです。入学祝い・進学祝いのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です